核酸とは、遺伝子であるDNAとRNAの核の部分が酸性であるためにそう呼ばれています。

人は生まれながらにして肝臓(一部腎臓)で核酸を作っています。
生まれてから20歳までは体内で積極的に核酸を作り続け、新陳代謝を活発に成長します※1

細胞が1つから2つに細胞分裂=遺伝子も1つから2つへ
その際、体内に核酸※2 がないと細胞分裂が正常に促されません。

ところが年齢とともに体内で作られる核酸※3 の量は減り、身体が老化し始めます。

体内の核酸量が慢性的に減少することで、細胞の新陳代謝※4 のスピードが遅くなり、
疲れやすくなったり、お肌の状態が変化したり、若かった頃に出来たことができなくなる…などの老化が始ります。
まさにこれが 老化=核酸不足 です。
そのままだと身体に支障がおき病気に繋がることも…。

つまり核酸は細胞の生まれ変わりに必要不可欠な栄養素だと言えます。
そして体内に核酸が豊富だと新陳代謝のスピードが活発になります。

また、近年では病気=遺伝子の損傷といわれています。

では、遺伝子が傷つくおもな原因は何なのでしょうか?

遺伝子が傷つく主な原因
紫外線・電磁波・喫煙・添加物・ウィルス・ストレス・排気ガス・農薬・激しい運動・食事など

これらによる遺伝子の損傷を修復するには核酸が必要とされます。

このように核酸は
生命維持やアンチエイジング、病気の予防・改善など、
人にとってもっとも必要な栄養素だと言われています。

体内で核酸の合成が年齢とともに減少していくため、不足分は食事から摂る※5 ことが必要になります。
核酸含有量の多い食材選びや、吸収率の良い核酸サプリメントを活用する方法を学んで
体内の核酸を増やし新陳代謝を活発にし、いつまでも若々しい健康美を手にいれましょう。

ボディのページへ戻る

※1 成長期と言い成人で約60兆個の細胞となります。
※2 遺伝子であるDNAとRNAの核の部分の栄養素です。
※3 年齢とともに体内で作られる核酸=デノボ合成
※4 細胞が生まれ変わること。
※5 核酸の不足分を食事から摂ること=サルベージ合成


一般社団法人スタジオエッセンスは顔ヨガや体質改善などよって、いつまでも輝く人生をプロデュースします。